罰金30万円

なるほど労働基準法 > 労働基準法違反 > 罰金30万円

罰金30万円

労働基準法 第120条

次の各号の一に該当する者は、30万円以下の罰金に処する。

  1. 第14条、第15条第1項若しくは第3項、第18条第7項、第22条第1項から第3項まで、第23条から第27条まで、第32条の2第2項(第32条の4第4項及び第32条の5第3項において準用する場合を含む。)、第32条の5第2項、第33条第1項ただし書、第38条の2第3項(第38条の3第2項において準用する場合を含む。)、第57条から第59条まで、第64条、第68条、第89条、第9条第1項、第91条、第95条第1項若しくは第2項、第96条の2第1項、第105条(第100条第3項において準用する場合を含む。)又は第106条から第109条までの規定に違反した者
  2. 第70条の規定に基づいて発する厚生労働省令(第14条の規定に係る部分に限る。)に違反した者
  3. 第92条第2項又は第96条の3第2項の規定による命令に違反した者
  4. 第101条(第100条第3項において準用する場合を含む。)の規定による労働基準監督官又は女性主管局長若しくはその指定する所属官吏の臨検を拒み、妨げ、若しくは忌避し、その尋問に対して陳述をせず、若しくは虚偽の陳述をし、帳簿書類の提出をせず、又は虚偽の記載をした帳簿書類の提出をした者
  5. 第104条の2の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は出頭しなかつた者

【罰金30万円】の解説です

次の違反を行った場合は、30万円以下の罰金が科されます。

これが一番軽い罰則かな。

ここでは、手続きの違反であったり、会社以外の者の違反であったり、懲役が設定されている違反と比べたら軽微で、従業員が直接的に損害を受けないケースが多く定められています。

必要な手続きを忘れて、知らない間に違反してしまってることがあるかもしれない。

労使協定の届出は忘れそうですね。

36協定の届出の違反については、罰則はないの?

36協定を届け出ていないときは、労働時間の原則の規定、1週40時間1日8時間が適用されます。

その時間を超えて勤務させてはいけないという規定だった。

その違反は、もう1つ厳しい6ヶ月以下の懲役、又は、30万円以下の罰金が設定されています。

そうなんだ。本来は、時間外労働は禁止されているけど、36協定を届け出たら時間外労働が許されるという構成だった。

36協定を届け出ないで時間外労働をさせると、その「本来は、時間外労働は禁止されている」という規定に違反していることになります。

規定に違反した場合だけではなくて、労働基準監督署の命令に従わなかった場合も罰則がある?

はい。次の命令に従わなかった場合、労働基準監督官等の臨検を拒否したりして適切に対応しなかった場合も、30万円以下の罰金が科されます。

「労働基準法違反」に関する条文の1覧です