労働時間の原則(1週40時間)

なるほど労働基準法 > 労働時間 > 労働時間の原則(1週40時間)

労働時間の原則(1週40時間)

労働基準法 第32条

使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。

労働基準法 施行規則 第23条

使用者は、宿直又は日直の勤務で断続的な業務について、様式第10号によつて、所轄労働基準監督署長の許可を受けた場合は、これに従事する労働者を、法第32条の規定にかかわらず、使用することができる。

【労働時間の原則(1週40時間)】の解説です

休憩時間を除いて、1週間に40時間を超えて働かせてはいけません。

どこの会社の従業員も、もっと働いてるよ。

そうですね。1週40時間というのは、労働基準法の原則的な決まりとして定められています。

原則ということは、例外がある。

はい。従業員の過半数代表者と36協定を締結して労働基準監督署に届け出れば、1週40時間を超えて働かせても違法にはなりません。

1週間というのは、どこで区切ったらいいの?何曜日から何曜日までと決まりはあるの?

通達で、就業規則で特に定めていないときは、日曜日から土曜日までを1週間とすることになっています。

就業規則で、例えば「月曜日から日曜日までを1週間とする」と規定していれば、その1週間を基準にできる。

はい。会社で決めようと思えば決められます。

1日8時間勤務で1週5日出勤とすると、1週40時間になるけど、問題はないね?

はい。問題ないです。労働基準法の条文は40時間を「超えて」となっていますので、ちょうど40時間は含みません。

「超えて」とか「以上」とか、ややこしいね。

「以上」「以下」はその数字も含みます。「超えて」「未満」はその数字は含みません。