1年単位の変形労働時間制の労働日数の限度

なるほど労働基準法 > 労働時間 > 1年単位の変形労働時間制の労働日数の限度

1年単位の変形労働時間制の労働日数の限度

労働基準法 施行規則 第12条の4第3項

法第32条の4第3項の厚生労働省令で定める労働日数の限度は、同条第1項第2号の対象期間(以下この条において「対象期間」という。)が3箇月を超える場合は対象期間について1年当たり280日とする。ただし、対象期間が3箇月を超える場合において、当該対象期間の初日の前1年以内の日を含む3箇月を超える期間を対象期間として定める法第32条の4第1項の協定(労使委員会の決議及び労働時間短縮推進委員会の決議を含む。)(複数ある場合においては直近の協定(労使委員会の決議及び労働時間短縮推進委員会の決議を含む。)。以下この項において「旧協定」という。)があつた場合において、1日の労働時間のうち最も長いものが旧協定の定める1日の労働時間のうち最も長いもの若しくは9時間のいずれか長い時間を超え、又は1週間の労働時間のうち最も長いものが旧協定の定める1週間の労働時間のうち最も長いもの若しくは48時間のいずれか長い時間を超えるときは、旧協定の定める対象期間について1年当たりの労働日数から1日を減じた日数又は280日のいずれか少ない日数とする。

【1年単位の変形労働時間制の労働日数の限度】の解説です

1年単位の変形労働時間制を採用するときは、1年間の労働日数を280日以内にしないといけません。

うるう年も?

280日で決まっていますので、うるう年も同じです。

1週間に1日の休日を与えていたら良いんじゃないの?

労働基準法の原則では、そう決められているんですけど、1年単位の変形労働時間制を適用する場合は、業務の繁閑に合わせて出勤日を調整できますので、一定の休日数を確保することが義務付けられています。

休日の日数でいうと、365日−280日だから、85日か。

例えば、毎週日曜日を休日とすると年間で52日になります。祝日が年間で16日ありますので、祝日も含めて毎月3日の休日を与えれば、1年間の休日数は88日になります。

出勤日数を280日としても、1年間を平均して、労働時間は1週40時間以内にしないといけないんだよね。

1週40時間とした場合の年間の総労働時間は、2,085.7時間(40時間/7日×365日)になります。

2,085.7時間を280日で割ると?

7時間26分です。キリの良い数字で7時間30分で計算し直すと、出勤日数は278日になります。あくまでも労働時間を一定にした場合です。

月によって労働時間を変えても良いんだね。

そうです。柔軟に労働時間を調整できる点が、1年単位の変形労働時間制の特徴です。ただし、1日の労働時間が9時間、又は、1週間の労働時間が48時間を超えていると、前年より出勤日数を減らさないといけません。

1日8時間勤務で1週6日出勤の週があると1週間の労働時間はちょうど48時間になるけど、その場合は関係ないね?

はい。大丈夫です。これを超えると面倒ですので、1年単位の変形労働時間制を導入するときは、1日の労働時間は9時間以内、1週間の労働時間は48時間以内にするのが無難です。

「労働基準法違反」に関する条文の一覧です