1年単位の変形労働時間制の労働時間の限度

なるほど労働基準法 > 労働時間 > 1年単位の変形労働時間制の労働時間の限度

1年単位の変形労働時間制の労働時間の限度

労働基準法 施行規則 第12条の4第4項

法第32条の4第3項の厚生労働省令で定める1日の労働時間の限度は10時間とし、1週間の労働時間の限度は52時間とする。この場合において、対象期間が3箇月を超えるときは、次の各号のいずれにも適合しなければならない。

  1. 対象期間において、その労働時間が48時間を超える週が連続する場合の週数が3以下であること。
  2. 対象期間をその初日から3箇月ごとに区分した各期間(3箇月未満の期間を生じたときは、当該期間)において、その労働時間が48時間を超える週の初日の数が3以下であること。

【1年単位の変形労働時間制の労働時間の限度】の解説です

1年単位の変形労働時間制を採用するときは、所定労働時間は1日10時間以内、1週52時間以内としないといけません。また、次の条件もクリアしないといけません。

  1. 所定労働時間が48時間を超える週は連続3週以内とすること
  2. 1年間を3ヶ月ごとに区切って、各期間ごとに所定労働時間が48時間を超える週は3週以内とすること

どういうこと?

1年単位の変形労働時間制を採用して、忙しい期間の労働時間を長く設定すれば残業時間を減らせるので、残業手当の支払いを抑制できます。

それが1年単位の変形労働時間制を導入するメリットだから。

それでも労働時間が一時期に集中し過ぎると、過重労働になって健康上の被害が生じる恐れがあります。それを予防するために、一定の限度となる時間が定められています。

当社では最長でも1日8時間勤務で、6日出勤の週があるけど、1日10時間と1週52時間が限度だったら、大丈夫だ。48時間を超える週がどうこうというのは?

所定労働時間が48時間を超える週がある場合は注意が必要です。

1週間の所定労働時間がちょうど48時間の場合は?

その場合は当てはまりませんので、後半の内容は無視しても構いません。最長でも1週間の所定労働時間は48時間としておくのが無難です。

「労働基準法違反」に関する条文の一覧です