契約期間の経過措置

なるほど労働基準法 > 採用 > 契約期間の経過措置

契約期間の経過措置

労働基準法 第137条

期間の定めのある労働契約(一定の事業の完了に必要な期間を定めるものを除き、その期間が1年を超えるものに限る。)を締結した労働者(第14条第1項各号に規定する労働者を除く。)は、労働基準法の一部を改正する法律附則第3条に規定する措置が講じられるまでの間、民法第628条の規定にかかわらず、当該労働契約の期間の初日から1年を経過した日以後においては、その使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができる。

【契約期間の経過措置】の解説です

1年を超える期間を定めて雇用した場合、社員は入社して1年が経過すれば理由がなくても退職できます。

簡単に辞められたら困るんだけどね。

うん。

それで、契約期間を3年としていて、会社が契約期間の途中で解雇すると契約違反になりますので、社員から残りの期間の賃金を支払うよう損害賠償を請求される可能性があります。

社員から辞めたいと言ってきたときはどうなるの?会社が社員に損害賠償を請求できるの?

損害額をどうやって計算するのかという問題が残りますけど、法律的には可能です。可能ですが、入社して1年が経過すれば社員はいつでも辞められる、つまり、在籍し続ける義務はなくなって、損害賠償責任もなくなるということです。

社員だけ認められてるんだ。不公平だなぁ。

パートタイマーを雇用の調整弁と考えているのでしたら、1年とか、6ヶ月で契約するのがいいと思います。最初の契約の仕方、更新の際の手続きが大事なのですが、契約期間が満了したときの状況によって更新しないこと、いわゆる雇止めが可能になります。

テクニックがいるみたいね。

そうですね。テクニックも必要ですけど、日頃のコミュニケーションも大事ですね。ずっと雇い続けるようなことを言っていると、そのように期待してトラブルになります。

「期間雇用」に関する条文の一覧です