36協定の限度時間の助言指導

なるほど労働基準法 > 残業 > 36協定の限度時間の助言指導

36協定の限度時間の助言指導

労働基準法 第36条第4項

行政官庁は、第2項の基準に関し、第1項の協定をする使用者及び労働組合又は労働者の過半数を代表する者に対し、必要な助言及び指導を行うことができる。

【36協定の限度時間の助言指導】の解説です

労働基準監督署は36協定の限度基準について、会社や従業員の過半数代表者に助言や指導をすることになっています。

助言、指導というのは、どういうこと?

会社が労働基準監督署に、限度基準を超えた時間で36協定を届け出てきたときに、労働基準監督署はその訂正を求めたり、リーフレットで説明したりします。

所定労働時間と法定労働時間の区別を知らない人も多いと思うよ。

限度基準の存在を知らない方もいると思います。