なるほど労働基準法 > 職業訓練と寄宿舎 > 職業訓練を行う未成年者の有給休暇

職業訓練を行う未成年者の有給休暇

労働基準法 第72条

第70条の規定に基づく厚生労働省令の適用を受ける未成年者についての第39条の規定の適用については、同条第1項中「10労働日」とあるのは「12労働日」と、同条第2項の表6年以上の項中「10労働日」とあるのは「8労働日」とする。

【職業訓練を行う未成年者の有給休暇】の解説です

職業訓練に関する特例が適用される二十歳未満の未成年者の有給休暇の日数は次のようになります。

勤続年数0.51.52.53.54.55.56.5年以上
有給休暇日数12131416182020

一般の社員よりも凄い優遇されてるんだね。

そうですね。有給休暇だけを見たらそうですけど、職業訓練の特例を受けるということは、特例を受けない人よりも厳しい条件で働きますからね。ちなみに、一般社員の有給休暇の日数はこのとおりです。

勤続年数0.51.52.53.54.55.56.5年以上
有給休暇日数10111214161820

厳しい条件でというと?

特例の内容です。次のような制限や禁止が解除されますから、有給休暇については優遇してあげましょうということです。

  1. 第14条第1項の契約期間
  2. 第62条の年少者の危険業務の制限年少者の有害業務の制限
  3. 第63条の年少者の坑内労働の禁止(16歳未満の場合は適用されます)
  4. 第64条の2の女性の坑内労働の禁止
  5. 第64条の3の妊産婦の危険有害業務の制限

なるほど。ところで、途中で二十歳になった場合はどうなるの?

二十歳になった以降は、この規定は適用されなくなります。一般社員と同じ日数の有給休暇が付与されることになります。

二十歳までの間に付与した有給休暇は?

付与した日数はそのまま2年の時効に掛かるまでは、社員はその有給休暇を取得できます。

勝手に減らしたりすることはできないんだね。

はい。そうです。