なるほど労働基準法 > 女性 > 妊産婦の危険有害業務の制限

妊産婦の危険有害業務の制限

労働基準法 第64条の3

使用者は、妊娠中の女性及び産後1年を経過しない女性(以下「妊産婦」という。)を、重量物を取り扱う業務、有害ガスを発散する場所における業務その他妊産婦の妊娠、出産、哺ほ育等に有害な業務に就かせてはならない。

【妊産婦の危険有害業務の制限】の解説です

妊娠中の女性社員や産後1年未満の女性社員には、次のような有害な業務を行わせてはいけません。

  • 重量物を取り扱う業務
  • 有害ガスを発散する場所での業務
  • その他妊娠、出産、哺育等に有害な業務

均等法ができて男女で異なる取り扱いをすることは禁止されているけど、これは残っているんだ。

はい。妊娠や出産といった女性特有のことについては保護すべきという考えが残っています。従来の女性全体を保護するという考えから母性保護という考えに変わってきています。