なるほど労働基準法 > 採用 > 雇用契約の期間

雇用契約の期間

労働基準法 第14条

労働契約は、期間の定めのないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、3年(次の各号のいずれかに該当する労働契約にあつては、5年)を超える期間について締結してはならない。

  1. 専門的な知識、技術又は経験(以下この号において「専門的知識等」という。)であつて高度のものとして厚生労働大臣が定める基準に該当する専門的知識等を有する労働者(当該高度の専門的知識等を必要とする業務に就く者に限る。)との間に締結される労働契約
  2. 満60歳以上の労働者との間に締結される労働契約(前号に掲げる労働契約を除く。)

【雇用契約の期間】の解説です

期間を定めて雇用する場合は最長3年までしか認められません。例外的に、ダムの建設とか土木・建築現場が終了するまでという雇い方なら3年を超えても構いません。また、専門知識が必要で厚生労働大臣が指定した業務に就く方や60歳以上の方を雇用する場合は最長5年まで認められます。

うちのパートタイマーは1年更新にしてるけど、どうなのかな。

例えば3年と決めたら、3年間は懲戒解雇に該当するようなことがない限り解雇できません。

はい。受注量が減ったとか会社の都合で、期間の途中で解雇すると契約違反になります。そうなると、「残りの期間の賃金を支払え!」と損害賠償を請求されることも考えられます。

来年すら、どうなってるのか分からないのに、3年後なんか分からないなぁ。会社としては、契約期間を3年にするメリットは余りないね。

パートタイマーの場合は余りメリットはないと思います。

どういうときにメリットがあるの?

研究職ですとか、特殊な技術を持っている方ですね。1年で完結する業務ではないけれど、終身雇用には向いていないという業務でしたら、長期の雇用契約はメリットがあると思います。

例えば?

次の資格を持っている方です。

  1. 公認会計士
  2. 医師
  3. 歯科医師
  4. 獣医師
  5. 弁護士
  6. 一級建築士
  7. 税理士
  8. 薬剤師
  9. 社会保険労務士
  10. 不動産鑑定士
  11. 技術士
  12. 弁理士

余り関係なさそうだね。

他にも、対象となる業務が定められていますけど、年収1075万円以上で雇用する場合も最長5年まで認められます。

他は?

博士、特許等の発明者、システムアナリスト試験に合格した者又はアクチュアリー試験に合格した者、があります。

「期間雇用」に関する条文の一覧です

適性検査と採用面接

適性検査を受けてみませんか
ただいま、1名様、無料で受けられます。
採用面接で、こんな失敗はないですか?