なるほど労働基準法 > 採用 > 有期労働契約に関する基準

有期労働契約に関する基準

労働基準法 第14条第2項

厚生労働大臣は、期間の定めのある労働契約の締結時及び当該労働契約の期間の満了時において労働者と使用者との間に紛争が生ずることを未然に防止するため、使用者が講ずべき労働契約の期間の満了に係る通知に関する事項その他必要な事項についての基準を定めることができる。

【有期労働契約に関する基準】の解説です

期間の定めのある労働契約の締結や雇い止めに関して労使間でトラブルにならないよう、厚生労働大臣は基準を定めることができます。

雇い止めって何?

期間満了で辞めてもらうことを雇い止めと言います。自己都合退職でもないし、解雇でもないので、これらと区別するための言い方です。

基準というのは?

「有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準」というものがあります。

どんな基準なの?

概要は次のとおりです。

  1. 有期労働契約を締結する際は、契約を更新することがあるかないか、更新することがある場合はその判断基準を明示すること
  2. 3回以上契約を更新している社員や入社して1年を超えている社員に対して、有期労働契約を更新しない場合は30日前までにその予告をすること
  3. 社員が請求したときは、会社は更新しない理由、更新しなかった理由についての証明書を遅滞なく交付すること
  4. 1回以上契約を更新している社員や入社して1年を超えている社員に対して、有期労働契約を更新する場合は契約期間をできる限り長くするよう努めること

大変そうだなぁ。

そうですね。場当たり的に更新の有無を決めるんじゃなくて、慎重に検討して決めないといけませんね。

「期間雇用」に関する条文の一覧です

適性検査と採用面接

適性検査を受けてみませんか
ただいま、1名様、無料で受けられます。
採用面接で、こんな失敗はないですか?