なるほど労働基準法 > 年少者 > 年少者の危険業務の制限

年少者の危険業務の制限

労働基準法 第62条

使用者は、満18才に満たない者に、運転中の機械若しくは動力伝導装置の危険な部分の掃除、注油、検査若しくは修繕をさせ、運転中の機械若しくは動力伝導装置にベルト若しくはロープの取付け若しくは取りはずしをさせ、動力によるクレーンの運転をさせ、その他厚生労働省令で定める危険な業務に就かせ、又は厚生労働省令で定める重量物を取り扱う業務に就かせてはならない。

【年少者の危険業務の制限】の解説です

18歳未満の社員には、次のような危険な業務を行わせてはいけません。

  • 運転中の機械等の危険な部分の掃除、注油、検査、修繕
  • 運転中の機械等へのベルトやロープの取付け、取りはずし
  • クレーンの運転
  • 厚生労働省令で定める危険な業務
  • 厚生労働省令で定める重量物を取り扱う業務

うちは18歳未満の社員はいないし、採用する予定もないからいいんだけど、重量物ってどれくらい?

断続的な作業と継続的な作業で分かれています。

断続作業(kg)継続作業(kg)
16歳未満の女性12
16歳未満の男性1510
16歳以上18歳未満の女性2515
16歳以上18歳未満の男性3020

危険な業務っていうのは?

たくさんあり過ぎて説明し切れませんけど、ボイラーの取扱い、玉掛けの業務、プレスの刃部の調整清掃、足場の組立て解体、などがあります。