なるほど労働基準法 > その他 > 時効

時効

労働基準法 第115条

この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は2年間、この法律の規定による退職手当の請求権は5年間行わない場合においては、時効によつて消滅する。

【時効】の解説です

労働基準法で定められている賃金災害補償有給休暇などの請求権の時効は2年です。ただし、退職金だけは例外的に5年です。

有給休暇は1年間持ち越せるっていうのは、これね。

はい。有給休暇が与えられて、その日から2年以内に使わなかったときは、有給休暇を取得する権利がなくなります。

2年前にさかのぼって残業手当を支払わされたっていう話を聞いたけど。

それも、時効が2年となっているからですね。

毎月毎月、残業手当を支払うのは辛いけど、2年分まとめてっていうのも辛いよね。

社員数によっては数千万円に及ぶ例もありますし、経営計画は大幅に狂ってくるでしょうね。

数千万円かー。

サービス残業をさせている会社は時間管理がルーズになりますから、世間話をしていたり、意味なく居残っていた時間も残業時間とカウントされて、莫大な残業手当を支払わされることになります。

キッチリ時間管理をして、本当に必要な場合にだけ残業してもらうようにしないといけないね。ところで退職金だけ長いんだ。

退職金は高額になりますから5年となっているようです。