なるほど労働基準法 > 労働時間 > フレックスタイム制

フレックスタイム制

労働基準法 第32条の3

使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねることとした労働者については、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めたときは、その協定で第2号の清算期間として定められた期間を平均し1週間当たりの労働時間が第32条第1項の労働時間を超えない範囲内において、同条の規定にかかわらず、1週間において同項の労働時間又は1日において同条第2項の労働時間を超えて、労働させることができる。

  1. この条の規定による労働時間により労働させることができることとされる労働者の範囲
  2. 清算期間(その期間を平均し1週間当たりの労働時間が第32条第1項の労働時間を超えない範囲内において労働させる期間をいい、1箇月以内の期間に限るものとする。次号において同じ。)
  3. 清算期間における総労働時間
  4. その他厚生労働省令で定める事項

労働基準法 施行規則 第12条の3

法第32条の3第4号の厚生労働省令で定める事項は、次に掲げるものとする。

  1. 標準となる1日の労働時間
  2. 労働者が労働しなければならない時間帯を定める場合には、その時間帯の開始及び終了の時刻
  3. 労働者がその選択により労働することができる時間帯に制限を設ける場合には、その時間帯の開始及び終了の時刻

【フレックスタイム制】の解説です

フレックスタイム制を適用することを就業規則に規定して、労使協定を締結したときは、1ヶ月の労働時間を平均して1週40時間以内だったら、40時間を超える週、8時間を超える日があっても構いません。このとき、労使協定で定める事項は次の6つです。

  1. フレックスタイム制を適用する社員の範囲
  2. フレックスタイム制の対象とする期間(1ヶ月以内)
  3. その期間の総労働時間
  4. 標準となる1日の労働時間(有給休暇を取得するときに用います)
  5. コアタイム
    (必ず出勤しなければならない時間帯で、定めなくても構いません)
  6. フレキシブルタイム
    (自由に出退社できる時間帯で、定めなくても構いません)

社員が好きな時間に出社して、好きな時間に退社するという制度だね。午前中に会議をしたいときとかは、どうしたらいいの?

そういうときは、例えば、コアタイムを10時から15時と決めておいて、その間に会議の時間を設けたら対応できます。

朝はこれまで通り9時出勤で、帰りだけ自由というのは?

コアタイムを朝の9時にするということですか。フレックスタイム制の趣旨と違いますから、それはできないです。ある程度、自主性の育った職場でないと難しいと思います。

ところで、働き過ぎた分を来月に回したりできるの?例えば、ある月の残業時間が10時間だったときに、翌月の労働時間を10時間減らす。こうしたら残業手当の支払はゼロにできるの?

いえ。給料は毎月、その全額を支払わないといけませんので、そのような扱いは認められません。

やっぱり。

とりあえず、10時間分の残業手当を支払って、翌月の労働時間が10時間足りなかった場合は10時間分をマイナスして計算することになります。残業手当は1.25倍ですから、結果的に10時間×0.25分の残業手当が余計に必要となりますね。

う〜ん。

フレックスタイム制を採用していると、残業させたくないと思っていても、帰宅を強要できませんので注意して下さい。

仕方ないね。この労使協定は届出は必要なの?

フレックスタイムの労使協定は労働基準監督署に届け出る必要はありません。