なるほど労働基準法 > 就業規則 > 就業規則の作成と届出

就業規則の作成と届出

労働基準法 第89条

常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。次に掲げる事項を変更した場合においても、同様とする。

  1. 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を2組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項
  2. 賃金(臨時の賃金等を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
  3. 退職に関する事項(解雇の事由を含む。)
    退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項
  4. 臨時の賃金等(退職手当を除く。)及び最低賃金額の定めをする場合においては、これに関する事項
  5. 労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項
  6. 安全及び衛生に関する定めをする場合においては、これに関する事項
  7. 職業訓練に関する定めをする場合においては、これに関する事項
  8. 災害補償及び業務外の傷病扶助に関する定めをする場合においては、これに関する事項
  9. 表彰及び制裁の定めをする場合においては、その種類及び程度に関する事項
  10. 前各号に掲げるもののほか、当該事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項

労働基準法 施行規則 第49条

使用者は、常時10人以上の労働者を使用するに至つた場合においては、遅滞なく、法第89条の規定による就業規則の届出を所轄労働基準監督署長にしなければならない。

【就業規則の作成と届出】の解説です

社員数が10人以上の会社は就業規則を作って、労働基準監督署に届出ないといけません。就業規則で必ず記載するよう決められているのは次の事項です。また、これらの事項を変更したときは、その都度、就業規則を労働基準監督署に届出ないといけません。

  • 労働時間に関する事項
    • 始業、終業の時刻
    • 休憩時間
    • 休日
    • 休暇(有給休暇、育児休業、生理休暇など)
    • 交替勤務の場合は、交替勤務について
  • 賃金に関する事項
    • 賃金(基本給や各手当)の決定方法、計算方法
    • 賃金の支払の方法
    • 賃金の締切り日と支払の時期
    • 昇給について
  • 退職に関する事項
    • 退職、解雇及び定年の事由
    • 退職、解雇及び定年の際の手続きなど

いっぱいあるね。

まだ続きがありまして、会社で次のようなルールを定めている場合は、これも就業規則に記載する必要があります。

  • 退職金に関する事項
    • 退職金が支払われる従業員の範囲
    • 退職金の決定方法、計算方法
    • 退職金の支払の方法
    • 退職金の支払の時期
  • 賞与に関する事項
  • 従業員の食費、作業用品その他の負担に関する事項
  • 安全及び衛生に関する事項
  • 職業訓練に関する事項
  • 災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項
  • 表彰及び制裁の種類と事由に関する事項
  • その他従業員の全てに適用される事項

仕事が忙しいから、これを全部、文章にするのは面倒だな。就業規則の雛形みたいなのはないの?

モデル就業規則が無料でありますけど、会社を守れるかどうかという視点で見た場合、専門家としてはお勧めできません。

どうして?

モデル就業規則に書いていないこと、モデル就業規則で想定していないことが起きた場合にトラブルになります。それでトラブルが表面化すると、社員にとって有利に判定されるケースが多いんです。

そうなの?

モデル就業規則は漏れが一杯あって怖いです。就業規則は社会保険労務士に依頼して作るのが良いと思います。