なるほど労働基準法 > 労働時間 > 労働時間の通算

労働時間の通算

労働基準法 第38条

労働時間は、事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用については通算する。

【労働時間の通算】の解説です

他社で勤務した時間も通算して計算します。

だから何?

1週40時間1日8時間を超えて働かせたときは残業手当の支払が必要なことはお話しましたが、他の会社で勤務した時間も通算して計算します。

それで?

その結果、1週40時間・1日8時間を超えたときは、超えた時間分の残業手当を支払わないといけません。

えっ、そんな殺生なぁ。

元々は、同じ経営者がA社からB社に社員を移動させて、残業手当の支払を免れようとする行為を禁止するためにできた規定のようです。

色んなことを考えるんだね。それで、通算されたとすると、どっちの会社がその残業手当を支払うの?

基本的には、後から採用した方が支払うことになっていますが、ケースバイケースでややこしいです。後から採用する会社は他社で勤務しているかどうか、採用時に本人に確認できますけど、元からいる会社では毎日毎日そんなこと確認できませんから。

ふ〜ん、でも、元から勤務していた会社で残業手当を支払うっていうケースもあるの?

はい。ですから、就業規則で、兼業するときは会社の許可を必要とすることを定めておいて下さい。そして、週40時間・1日8時間以上勤務する可能性があるときは許可しないのが賢明です。

働き過ぎは過労死に繋がる恐れもあるし、仕事のミスが増えることも考えられるからね。