なるほど労働基準法 > 労働時間 > 労働時間の原則(1日8時間)

労働時間の原則(1日8時間)

労働基準法 第32条第2項

使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

労働基準法 施行規則 第23条

使用者は、宿直又は日直の勤務で断続的な業務について、様式第10号によつて、所轄労働基準監督署長の許可を受けた場合は、これに従事する労働者を、法第32条の規定にかかわらず、使用することができる。

【労働時間の原則(1日8時間)】の解説です

休憩時間を除いて、1日8時間を超えて働かせてはいけません。

はい。1週40時間を超えて働かせてはいけないし、それぞれの日についても1日8時間を超えて働かせてはいけないことになっています。1週40時間と1日8時間の両方の縛りがあるということです。

よく分からないんだけど。

例えば、1日8時間勤務で週6日出勤とすると、1日で見たら問題ないのですが、1週で見たら48時間で40時間を超えてしまいます。

労働基準法違反ということ?

はい。逆で言うと、1日10時間勤務で週4日出勤とすると、1週40時間以内ですが、1日では2時間オーバーしています。

労働基準法違反ということね。

はい。ただし、36協定を締結して労働基準監督署に届け出ることによって違法ではなくなります。届け出ていなければ違法になります。

「労働時間の原則(1日8時間)」に関する裁判例