なるほど労働基準法 > 残業 > 付加金の支払

付加金の支払

労働基準法 第114条

裁判所は、第20条、第26条若しくは第37条の規定に違反した使用者又は第39条第7項の規定による賃金を支払わなかつた使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。ただし、この請求は、違反のあつた時から2年以内にしなければならない。

【付加金の支払】の解説です

解雇予告手当休業手当残業手当有給休暇の賃金の未払があって、裁判になったときは、その倍の金額の支払を命じられることがあります。

厳しいねー。

そうですね。裁判所が悪質と判断したときは、付加金として未払い賃金に加えて、その同額を加算して支払うよう命じます。

裁判所が判断するの?

はい。裁判所が悪質でないと判断すれば付加金は付きませんし、裁判になる前に解決すれば倍額の支払を義務付けられることはありません。

裁判に訴えられるなんて、考えたことないよ。

労働基準法に違反するような事は、してないですもんね。

残業手当の削減ノウハウ

残業手当の削減ノウハウを公開しています。
残業に関する知識を得て、取り組めば残業時間を削減できます。