なるほど労働基準法 > 残業 > 36協定

36協定

労働基準法 第36条

使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、第32条から第32条の5まで若しくは第40条の労働時間(以下この条において「労働時間」という。)又は前条の休日(以下この項において「休日」という。)に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによつて労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。ただし、坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務の労働時間の延長は、1日について2時間を超えてはならない。

労働基準法 施行規則 第16条

使用者は、法第36条第1項の協定をする場合には、時間外又は休日の労働をさせる必要のある具体的事由、業務の種類、労働者の数並びに1日及び1日を超える一定の期間についての延長することができる時間又は労働させることができる休日について、協定しなければならない。

労働基準法 施行規則 第16条第2項

前項の協定(労働協約による場合を除く。)には、有効期間の定めをするものとする。

労働基準法 施行規則 第17条

法第36条第1項の規定による届出は、様式第9号(第24条の2第4項の規定により法第38条の2第2項の協定の内容を法第36条第1項の規定による届出に付記して届け出る場合にあつては様式第9号の2、労使委員会の決議を届け出る場合にあつては様式第9号の3、労働時間短縮推進委員会の決議を届け出る場合にあつては様式第9号の4)により、所轄労働基準監督署長にしなければならない。

労働基準法 施行規則 第17条第2項

法第36条第1項に規定する協定(労使委員会の決議及び労働時間短縮推進委員会の決議を含む。以下この項において同じ。)を更新しようとするときは、使用者は、その旨の協定を所轄労働基準監督署長に届け出ることによつて、前項の届出にかえることができる。

【36協定】の解説です

労使協定を締結して、これを労働基準監督署に届け出れば、1週40時間1日8時間を超えて勤務させることができ、休日出勤も可能になります。

毎年、労働基準監督署に届出してる36協定のことね。

はい。その基になっている規定です。第36条の条文なので、36協定(サブロクキョウテイ)と呼ばれています。

そうなんだ。

本来は1週40時間・1日8時間を超えて働かせると労働基準法違反になるのですが、労使協定を締結して労働基準監督署に届出することによって労働基準法違反でなくなります。

1週40時間・1日8時間を超えて勤務させる場合は、36協定が必要ということね。

そういうことです。

ところで、36協定にはどんなことを書いてたっけ?

一応、次の事項とされていますが、36協定書の様式が決まっていますので、その空欄を埋めていけばいいです。

  • 時間外労働・休日労働をさせる具体的な理由
  • 仕事の内容
  • 時間外労働・休日労働をさせる社員の数
  • 法定労働時間を超えて勤務させる時間(1日と1ヶ月の期間内で)
  • 法定休日労働をさせる日数
  • 労使協定の有効期限(最長1年)

36協定を作るときに何か注意しておくことは?

36協定は、この時間まで残業させますよ、この範囲内だったらクリアできますよということを示す書類ですので、余裕を持った時間にしておくのがいいです。

何時間でもいいの?

いえ。限度となる時間が決められています。

次のページかい?

最後に大事なことですが、この36協定は労働基準監督署に届出ることによって、初めて労働基準法違反にならないという効果が得られます。36協定を作っただけで、労働基準監督署に届出していないと労働基準法違法のままですので、必ず届出るようにして下さい。

残業手当の削減ノウハウ

残業手当の削減ノウハウを公開しています。
残業に関する知識を得て、取り組めば残業時間を削減できます。