なるほど労働基準法 > 賃金 > 非常時の賃金の支払

非常時の賃金の支払

労働基準法 第25条

使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

労働基準法 施行規則 第9条

法第25条に規定する非常の場合は、次に掲げるものとする。

  1. 労働者の収入によつて生計を維持する者が出産し、疾病にかかり、又は災害をうけた場合
  2. 労働者又はその収入によつて生計を維持する者が結婚し、又は死亡した場合
  3. 労働者又はその収入によつて生計を維持する者がやむを得ない事由により1週間以上にわたつて帰郷する場合

【非常時の賃金の支払】の解説です

社員か社員の収入で生活していた人が次のような非常事態にあって、請求されたときは賃金の支給日前であっても、既に勤務した分の賃金を支払わないといけません。

  • 出産、病気、災害にあった場合
  • 結婚、死亡した場合
  • 仕方なく1週間以上帰省する場合

請求されたらっていうことね。

はい。

既に勤務した分の賃金というと?

時間給の方ですと、これまでに勤務した時間分の賃金を支払ってください。

これまでの勤務時間に時間給を掛ければいいんだね。

はい。月給制の場合は勤務した日数に応じた賃金を支払ってください。

全額でなくってもいいんだね。

はい。既に勤務した日数分で構いません。