なるほど労働基準法 > 賃金 > 賃金の定義

賃金の定義

労働基準法 第11条

この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。

【賃金の定義】の解説です

労働基準法では、賃金、給料、手当、賞与といった名称に関係なく、労働の対価として支払われているものを、賃金と言います。

労働の対価?

はい。例えば、結婚のお祝い金とか、弔慰金ですね。こういうのは恩恵的に支給するもので、仕事とは直接関係ないです。ですから、賃金には該当しません。

じゃ、通勤手当は?

賃金に該当します。それと、結婚祝金とか、弔慰金も、就業規則であらかじめ支給条件・金額が決まっている場合は、賃金に該当します。

なんか難しそうね。

とりあえず、毎月支払っている給料と手当、ボーナス、退職金が賃金に該当するとお考え下さい。

「定義」に関する条文の一覧です

「賃金の定義」に関する裁判例