なるほど労働基準法 > 解雇と退職 > 金品の返還

金品の返還

労働基準法 第23条

使用者は、労働者の死亡又は退職の場合において、権利者の請求があつた場合においては、7日以内に賃金を支払い、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない。

【金品の返還】の解説です

社員が退職して本人から請求があった場合、社員が死亡して遺族から請求があった場合は、7日以内に賃金を支払って、社員の金品を返還しないといけません。

旅行の積立金は?

社員のものですから、そういった金品は全部これに含まれます。

退職金も7日以内に支払わないとダメなの?

退職金規程(就業規則)で、例えば「退職金は退職後2ヶ月以内に支払う」と記載している場合は、2ヶ月以内に支払えば問題ありません。

そのような記載がないと?

退職金の支払時期に関する記載がないと、請求されてから7日以内に支払わないといけませんので、すぐにでも退職金規程を確認してください。

うちは退職金はないよ。