なるほど労働基準法 > 年少者 > 修学時間の通算

修学時間の通算

労働基準法 第60条第2項

第56条第2項の規定によつて使用する児童についての第32条の規定の適用については、同条第1項中「1週間について40時間」とあるのは「、修学時間を通算して1週間について40時間」と、同条第2項中「1日について8時間」とあるのは「、修学時間を通算して1日について7時間」とする。

【修学時間の通算】の解説です

中学生以下の児童については、修学時間を足して1週40時間、修学時間を足して1日7時間までしか働かせることができません。

中学生は義務教育だから。

学校の時間を優先することとされています。