なるほど労働基準法 > 年少者 > 最低年齢の例外

最低年齢の例外

労働基準法 第56条第2項

前項の規定にかかわらず、別表第1第1号から第5号までに掲げる事業以外の事業に係る職業で、児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満13歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。映画の製作又は演劇の事業については、満13歳に満たない児童についても、同様とする。

【最低年齢の例外】の解説です

中学生を働かせてはいけませんが、軽易で健康と福祉に有害でない仕事については、労働基準監督署の許可を得て、修学時間外に働かせることができます。また、映画や演劇の仕事については小学生を使うことができます。

子役はテレビで見掛けるけど、労働基準監督署の許可が必要なんだ。

はい。中学生と言いましたが、正確には13歳以上の中学生のことです。

中学1年生の途中で13歳になるんだっけ。