なるほど労働基準法 > 災害補償 > 打切補償

打切補償

労働基準法 第81条

第75条の規定によつて補償を受ける労働者が、療養開始後3年を経過しても負傷又は疾病がなおらない場合においては、使用者は、平均賃金の1,200日分の打切補償を行い、その後はこの法律の規定による補償を行わなくてもよい。

【打切補償】の解説です

治療を開始して3年経っても治らないときは、会社が給料(正確には平均賃金)の1,200日分の打切補償を行えば、以後の補償は行わなくても構いません。

1,200日分というと、3年分以上の年収ということ?

そうなりますね。ただ、労災保険では治療を開始してから3年後に傷病補償年金を受けている場合、3年たった後に傷病補償年金を受け始めた場合はその時点で、打切補償を行ったものとみなされます。

3年とは長いね。それだけ会社には責任があるということか。

そうですね。