なるほど労働基準法 > 解雇と退職 > 解雇制限

解雇制限

労働基準法 第19条

使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によつて休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第81条の規定によつて打切補償を支払う場合又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合においては、この限りでない。

【解雇制限】の解説です

仕事が原因の怪我や病気で会社を休んでいる期間とその後の30日間は解雇できません。また、産前産後休業の期間(産前6週間産後8週間)とその後の30日間も解雇できません。ただし、打切補償を支払った場合、地震などの天災が原因で事業を継続できなくなった場合は、例外的に認められます。

打切補償って何?

打切補償というのは労災保険の用語でして、仕事が原因のケガや病気で会社を休み始めて3年経っても治らないときに、1200日分の平均賃金を会社が支払って会社の補償責任を免れるというものです。

1200日分?

1日1万円としたら1200万円ですね。

そんな大金、支払うのは無理だね。

どこも厳しいでしょうね。それ以外にも、仕事が原因のケガや病気で会社を休み始めて3年経ったときに、社員が労災保険から傷病補償年金を受けている場合は、打切補償を行ったものとみなされます。

可能性としてはそっちの方が高いかな。

とりあえず、例外は忘れてください。要するに、仕事が原因のケガや病気で会社を休んでいる期間と、その後の30日間は解雇できないということです。打切補償については、そのような社員が出てきてから考えましょう。

ところで、1年契約しているパートタイマーはどうなるの?契約期間が終了した時点で休んでいるときは?

そのときは契約期間の満了で退職することになります。解雇とは違いますから、契約が終了した時点で退職になります。

解雇と退職はなんとなく違うのは分かるんだけど。

会社から申し出た場合は解雇、それ以外の場合を退職といいます。例えば、自己都合退職、定年退職、死亡、契約期間の満了によるものは退職となります。

契約期間の満了でやめてもらう場合は解雇ではないということね。

ただ、形式的には期間を定めた雇用となっていても、実質的に期間の定めのない雇用とみなされる場合は、契約期間の満了で退職というのは認められません。辞めてもらうときには解雇とみなされる場合もあります。

「実質的に期間の定めのない雇用とみなされる」ってどういうこと?

正社員と同じような状態ということです。

どうしたらそうなるの?

色んな条件があるんですけど、その社員が毎回更新されるものと期待していたかどうか、が大きなポイントですね。

期待させていて、途中で「辞めて」って言っても、「なんで、いきなり?」ってなるだろうね。法律的にもそれが認められるってことだ。

はい。自動更新にしていたら、毎回更新されるものと期待するでしょうね。