なるほど労働基準法 > 災害補償 > 治療費の負担

治療費の負担

労働基準法 第75条

労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかつた場合においては、使用者は、その費用で必要な療養を行い、又は必要な療養の費用を負担しなければならない。

労働基準法 施行規則 第37条

労働者が就業中又は事業場若しくは事業の附属建設物内で負傷し、疾病にかゝり又は死亡した場合には、使用者は、遅滞なく医師に診断させなければならない。

【治療費の負担】の解説です

社員が仕事を原因とするケガや病気にかかったときは、会社は治療費等を負担しないといけません。

会社が負担するの?

はい。社員の安全についての管理責任は会社にあるので、仕事中にケガしたときとかは、会社が治療費等を負担しないといけません。

会社に管理責任があるの?社員の不注意でケガした場合でも?

はい。社員は、会社の用意した施設で、会社の指示を受けて仕事をしますので、例えば、仕事中につまずいて骨折した場合でも、会社が治療費を負担するものとされています。普通は労災保険で賄われますので、会社が直接負担することはありません。