なるほど労働基準法 > 有給休暇 >  パートタイマーの有給休暇

パートタイマーの有給休暇

労働基準法 第39条第3項

次に掲げる労働者(1週間の所定労働時間が厚生労働省令で定める時間以上の者を除く。)の有給休暇の日数については、前2項の規定にかかわらず、これらの規定による有給休暇の日数を基準とし、通常の労働者の1週間の所定労働日数として厚生労働省令で定める日数(第1号において「通常の労働者の週所定労働日数」という。)と当該労働者の1週間の所定労働日数又は1週間当たりの平均所定労働日数との比率を考慮して厚生労働省令で定める日数とする。

  1. 1週間の所定労働日数が通常の労働者の週所定労働日数に比し相当程度少ないものとして厚生労働省令で定める日数以下の労働者
  2. 週以外の期間によつて所定労働日数が定められている労働者については、1年間の所定労働日数が、前号の厚生労働省令で定める日数に1日を加えた日数を1週間の所定労働日数とする労働者の1年間の所定労働日数その他の事情を考慮して厚生労働省令で定める日数以下の労働者

労働基準法 施行規則 第24条の3

法第39条第3項の厚生労働省令で定める時間は、30時間とする。

労働基準法 施行規則 第24条の3第2項

法第39条第三項の通常の労働者の1週間の所定労働日数として厚生労働省令で定める日数は、5.2日とする。

労働基準法 施行規則 第24条の3第3項

法第39条第3項の通常の労働者の1週間の所定労働日数として厚生労働省令で定める日数と当該労働者の1週間の所定労働日数又は1週間当たりの平均所定労働日数との比率を考慮して厚生労働省令で定める日数は、同項第1号に掲げる労働者にあつては次の表の上欄の週所定労働日数の区分に応じ、同項第2号に掲げる労働者にあつては同表の中欄の1年間の所定労働日数の区分に応じて、それぞれ同表の下欄に雇入れの日から起算した継続勤務期間の区分ごとに定める日数とする。

週所定
労働日数
年間所定
労働日数
雇入れの日から起算した継続勤務期間(年)
0.51.52.53.54.55.56.5年以上
169〜21610121315
121〜1681011
73〜120
48〜 72

労働基準法 施行規則 第24条の3第4項

法第39条第3項第1号の厚生労働省令で定める日数は、4日とする。

労働基準法 施行規則 第24条の3第5項

法第39条第3項第2号の厚生労働省令で定める日数は、216日とする。

【パートタイマーの有給休暇】の解説です

1週間の所定労働時間が30時間未満で、かつ、1週間の所定労働日数が4日以下、又は1年間の所定労働日数が216日以下の社員の有給休暇は、次の表の日数になります。

週所定
労働日数
年間所定
労働日数
勤続年数(年)
0.51.52.53.54.55.56.5年以上
169〜21610121315
121〜1681011
73〜120
48〜 72

パートタイマーにも有給休暇は与えないといけないんだね。

はい。正社員と比べたら少ない日数ですけど、パートタイマーにも有給休暇は与えないといけません。

「1週間の所定労働時間が30時間未満で、かつ、1週間の所定労働日数が4日以下」って言ってたけど、例えば1日5時間労働の週5日勤務だったらどうなるの?

その場合は1週25時間で30時間未満ですけど、1週間の出勤日数が4日以下ではないので、普通の正社員と同じ日数の有給休暇を与えないといけません。

なんだか不公平な気もするんだけど?

でも、1日の勤務時間が短いですから、有給休暇の賃金も少ないですよ。

1日6時間勤務で週4日出勤としたら?

その場合は、週30時間未満で、週4日以下ですので、上の表の4日の行の日数になります。

うん。

最後に注意点として。就業規則にこの表を記載しておいたら、この少ない日数にできるんですけど、正社員向けの日数しか就業規則に記載していないときは、週4日勤務の社員がいたとしても正社員と同じ日数の有給休暇を与えることになってしまいます。どうですか?

うん。この前追加したから大丈夫だよ。