なるほど労働基準法 > 有給休暇 > 有給休暇の日数

年次有給休暇の日数

労働基準法 第39条第2項

使用者は、1年6箇月以上継続勤務した労働者に対しては、雇入れの日から起算して6箇月を超えて継続勤務する日(以下「6箇月経過日」という。)から起算した継続勤務年数1年ごとに、前項の日数に、次の表の上欄に掲げる6箇月経過日から起算した継続勤務年数の区分に応じ同表の下欄に掲げる労働日を加算した有給休暇を与えなければならない。ただし、継続勤務した期間を6箇月経過日から1年ごとに区分した各期間(最後に1年未満の期間を生じたときは、当該期間)の初日の前日の属する期間において出勤した日数が全労働日の8割未満である者に対しては、当該初日以後の1年間においては有給休暇を与えることを要しない。

6箇月経過日から起算した継続勤務年数労働日
1年1労働日
2年2労働日
3年4労働日
4年6労働日
5年8労働日
6年以上10労働日

【有給休暇の日数】の解説です

採用後6ヶ月勤務した後の有給休暇の日数は、次の表とおりです。ただし、出勤率が8割未満のときは与えなくても構いません。

勤続年数0.51.52.53.54.55.56.5年以上
有給休暇日数10111214161820

入社日がバラバラだと管理が面倒なんで毎年4月1日に有給休暇を与えることにしたいんだけど。

できますよ。ただ、労働基準法で定められているよりも前倒しで与えないといけません。

前倒し?

はい。例えば、入社して1年と2ヶ月で4月1日が来たときは、これを1.5年とみなして11日の有給休暇を与えることになります。

そっか。

入社して7ヶ月目のときも勤続1.5年とみなして11日の有給休暇を与えることになります。

う〜ん。仕方ないか。

それと、短縮した期間については全部出勤したものとして、出勤率を計算することになります。