なるほど労働基準法 > 休憩と休日 > 4週4日の休日

4週4日の休日

労働基準法 第35条第2項

前項の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。

労働基準法 施行規則 第12条の2第2項

使用者は、法第35条第2項の規定による労働者に休日を与える場合には、就業規則その他これに準ずるものにおいて、4日以上の休日を与えることとする4週間の起算日を明らかにするものとする。

労働基準法 施行規則 第12条

常時10人に満たない労働者を使用する使用者は、法第32条の2第1項又は法第35条第2項による定めをした場合(法第32条の2第1項の協定(法第38条の4第5項に規定する同条第1項の委員会(以下「労使委員会」という。)の決議(以下「労使委員会の決議」という。)及び労働時間の短縮の促進に関する臨時措置法(平成4年法律第90号。以下「時短促進法」という。)第7条に規定する労働時間短縮推進委員会の決議(以下「労働時間短縮推進委員会の決議」という。)を含む。)による定めをした場合を除く。)には、これを労働者に周知させるものとする。

【4週4日の休日】の解説です

4週間で4日以上の休日を与えることにしている場合は、毎週休日を与えていなくても構いません。

4週間で4日の休日でもいいんだ。

ええ。そのときは就業規則で4週4日以上の休日とすること、それと4週間の区切りの日を記載します。

4週間の区切りの日?

起算日と言うのですけど、4週4日の休日の場合は、4週間ごとに区切りますから何月何日からの4週間なのか明確にしておかないといけません。