なるほど労働基準法 > 労働基準法の原則 > 公民権行使の保障

公民権行使の保障

労働基準法 第7条

使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては、拒んではならない。但し、権利の行使又は公の職務の執行に妨げがない限り、請求された時刻を変更することができる。

【公民権行使の保障】の解説です

社員が勤務時間中に選挙に行ったり、立候補したり、議員になって公務を行ったりするときは、会社はそれを拒否できません。ただし、支障がない範囲内で、社員が言ってきた時間を変更できます。

途中で抜けたら給料はどうなるの。

就業規則にどう書いてあるかによるんですけど、労働基準法上は、その抜けた時間については無給で構いません。通常勤務として支払ってもいいですし、会社の自由です。

就業規則には、どうに書いてたかな?

就業規則で「不就業の時間についての賃金は支払わない」などとなっている場合は、遅刻早退と同じように計算して、給料から差し引いてください。

生理休暇は無給にしてたはずだけど、「不就業の時間」だったら大きく網を掛けれるね。

就業規則に何も書いてないようでしたら、トラブルの元ですので、今すぐ修正しましょう。「後でやろう」と思ってたら忘れますから。

「公民権行使の保障」に関する裁判例