なるほど労働基準法 > 残業 > 猶予措置

猶予措置

労働基準法 第138条

中小事業主(その資本金の額又は出資の総額が3億円(小売業又はサービス業を主たる事業とする事業主については5千万円、卸売業を主たる事業とする事業主については1億円)以下である事業主及びその常時使用する労働者の数が300人(小売業を主たる事業とする事業主については50人、卸売業又はサービス業を主たる事業とする事業主については100人)以下である事業主をいう。)の事業については、当分の間、第37条第1項ただし書の規定は、適用しない。

【猶予措置】の解説です

中小事業主については、当分の間、第37条第1項ただし書の規定は、適用しません。

第37条第1項ただし書の規定?

1週40時間又は1日8時間を超えた時間外労働の時間が、1ヶ月に60時間を超えたときは、その超えた時間に対する割増賃金の割増率が50%になるという規定です。

あー。当分の間は適用が猶予されているっていう?

はい。それです。適用が猶予される根拠となる規定です。

中小企業っていうのは?当社もそうなんだろうね。

次のどれかに該当すれば、中小企業になります。

  • 小売業については、資本金が5,000万円以下か、社員数が50人以下。
  • サービス業については、資本金が5,000万円以下か、社員数が100人以下。
  • 卸売業については、資本金が1億円以下か、社員数が100人以下。
  • それ以外については、資本金が3億円以下か、社員数が300人以下。

当社も中小企業だから問題ないね。

はい。