なるほど労働基準法 > 有給休暇 > 時間単位の有給休暇

時間単位の有給休暇

労働基準法 第39条第4項

使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めた場合において、第1号に掲げる労働者の範囲に属する労働者が有給休暇を時間を単位として請求したときは、前3項の規定による有給休暇の日数のうち第2号に掲げる日数については、これらの規定にかかわらず、当該協定で定めるところにより時間を単位として有給休暇を与えることができる。

  1. 時間を単位として有給休暇を与えることができることとされる労働者の範囲
  2. 時間を単位として与えることができることとされる有給休暇の日数(5日以内に限る。)
  3. その他厚生労働省令で定める事項

労働基準法 施行規則 第24条の4

法第39条第4項第3号の厚生労働省令で定める事項は、次に掲げるものとする。

  1. 時間を単位として与えることができることとされる有給休暇1日の時間数(1日の所定労働時間数(日によつて所定労働時間数が異なる場合には、1年間における1日平均所定労働時間数。次号において同じ。)を下回らないものとする。)
  2. 一時間以外の時間を単位として有給休暇を与えることとする場合には、その時間数(1日の所定労働時間数に満たないものとする。)

【時間単位の有給休暇】の解説です

従業員の過半数代表者と労使協定を締結した場合は、1年間で5日を上限として、時間単位で年次有給休暇を取得できます。

年次有給休暇を時間単位で取得できるのですか?

はい。年次有給休暇は、これまでは1日単位か半日単位で与えることしか認められていなかったんですけど、労働基準法が改正されて、平成22年から、時間単位で取得できるようになりました。

時間単位か〜?どうなのかなぁ?

労使協定を締結した場合ですので、会社として導入したくなければ、導入しないことも可能です。導入する場合は、労使協定を締結しないといけません。

なるほど。労使協定を締結しなければ、導入しないということね。

はい。一応、労使協定で締結する内容は、次のとおりです。

  1. 時間単位の年休制度の適用範囲
  2. 時間単位年休の日数
  3. 時間単位年休の1日の時間数
  4. 1時間以外の時間を単位とする場合はその時間数

時間単位で年次有給休暇を取得したときは、賃金はどうなるの?

年次有給休暇を取得したときは、就業規則で、「所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払う」ことが定められていると思います。

普通の1日単位で取得する場合はね。

はい。時間単位の年次有給休暇を取得したときも、それと同じです。月給制の従業員は賃金を控除しないで、時間給制の従業員は追加で時間給を支払うことになります。

なるほど。で、時間単位の年次有給休暇は、導入した方がいいのかな?

個人的には、余りお勧めしていません。

どうして?

場合によっては、毎週月曜日の朝1時間に請求したりして、職場の秩序を乱す危険があります。

遅刻を認めるような感じになるのかな?毎日1時間ということも?

時間単位の年次有給休暇は、1年間で取得できる上限が5日と決められていますので、毎日は使えないです。年次有給休暇を取得しないで翌年度に繰り越した場合でも、時間単位で使用できるのは繰越し分も含めて年5日が上限になります。

なろほど。

変な使われ方をされる心配がないようでしたら、選択肢が広がって従業員には喜ばれると思いますので、導入を検討しても良いかもしれません。もしくは、半日単位の年次有給休暇の方が使い勝手が良いと思います。

そう?

半日単位の年次有給休暇は労使協定を締結しなくても、就業規則に規定するだけで導入できます。

そうなんだ。

会社の制度として、上限の日数を自由に決めることもできます。