なるほど労働基準法 > 年少者 > 未成年者の賃金

未成年者の賃金

労働基準法 第59条

未成年者は、独立して賃金を請求することができる。親権者又は後見人は、未成年者の賃金を代つて受け取つてはならない。

【未成年者の賃金】の解説です

未成年者に代わって親が給料を受け取ってはいけません。

賃金は直接本人に支払わないといけないんだったよね。

はい。直接払いの規定は会社を、この規定は親を規制するものです。二重で禁止している形になってますね。