なるほど労働基準法 > 年少者 > 年少者の深夜労働の許可

年少者の深夜労働の許可

労働基準法 第61条第3項

交替制によつて労働させる事業については、行政官庁の許可を受けて、第1項の規定にかかわらず午後10時30分まで労働させ、又は前項の規定にかかわらず午前5時30分から労働させることができる。

【年少者の深夜労働の許可】の解説です

18歳未満の者を午後10時から午前5時の時間帯に働かせてはいけないことになっていますが、交代制を行っている会社では労働基準監督署の許可を得て、午後10時30分まで働かせ、午前5時30分から働かせることが認められます。

交代制しか認められない?

はい。交代制で、労働基準監督署の許可がもらえたら午後10時30分まで働かせても構いません。

でも30分だけ。

交代制の切替えのタイミングで少し都合が悪いといったケースに限られますね。