なるほど労働基準法 > 年少者 > 年少者の深夜労働の制限

年少者の深夜労働の制限

労働基準法 第61条

使用者は、満18才に満たない者を午後10時から午前5時までの間において使用してはならない。ただし、交替制によつて使用する満16才以上の男性については、この限りでない。

【年少者の深夜労働の制限】の解説です

18歳未満の者を午後10時から午前5時の時間帯に働かせてはいけません。ただし、16歳以上の男性社員を交代制で働かせることは認められます。

高校生を10時以降に働かせてはいけないということね。

まあ、そう考えてもらっても構いません。正確に言うと高校生でも18歳の誕生日を過ぎたら10時以降に働かせても構いません。