なるほど労働基準法 > 年少者 > 帰郷旅費の負担

帰郷旅費の負担

労働基準法 第64条

満18才に満たない者が解雇の日から14日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。ただし、満18才に満たない者がその責めに帰すべき事由に基づいて解雇され、使用者がその事由について行政官庁の認定を受けたときは、この限りでない。

【帰郷旅費の負担】の解説です

18歳未満の社員を解雇して、解雇された日から14日以内に田舎に帰るときは、会社はその旅費を負担しないといけません。ただし、労働基準監督署から認定を受けたときは旅費を負担しなくても構いません。

なんだそれ。

本当になんだそれという規定ですね。昔は、こんな規定も必要とされていたんでしょうけど、今はいらないような気もします。実際、ほとんどの社長さんは、こんな規定は知らないと思います。

じゃいいか。

コンプライアンス経営を目指すのでしたら、キチンと負担するか、労働基準監督署の認定を受けるべきと思います。

でも、14日以内に里帰りしないときは、そんなことはしなくていいんだよね。

はい。そういうことでしたら構いません。