なるほど労働基準法 > 労働基準法の原則 > 労働条件の決定

労働条件の決定

労働基準法 第2条

労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである。

【労働条件の決定】の解説です

労働条件は、社員と会社が対等の立場で決定するものです。

でも、大抵の会社は会社の方が強い立場で決めているんじゃないの?

確かに、そうです。

これに違反したらどうなるの?

特に罰則が科せられることはありません。これも第1条と同じで、基本的な原則を表したものです。

対等かどうかっていうのはお互いの主観によるしね。

はい。このように心掛けましょうという規定です。