年金事務所の調査

年金事務所の調査

年金事務所は、社会保険に加入している事業所に対して、社会保険料(健康保険と厚生年金の保険料)の支払いが適正に行われているかどうかを調査します。

年金事務所の調査のポイントと、指摘されないようにするには、どうしたら良いのかまとめました。

年金事務所の調査事項

通常は、過去2年分の賃金台帳出勤簿(タイムカード)などを準備して、決められた日時に年金事務所に出向いて、調査を受けます。調査される内容は概ね次のとおりです。

社会保険(健康保険と厚生年金)の加入漏れがないか?

最も重点的に調査されるのが、これです。

パートタイマーやアルバイトでも、「1日の勤務時間と1ヶ月の出勤日数がともに、正社員のおおむね4分の3以上」であれば、社会保険(健康保険と厚生年金)に加入しないといけません。

1日の勤務時間と1ヶ月の出勤日数が”ともに4分の3以上”ですので、どちらか一方でも4分の3未満になっていれば加入義務はありません。

なお、加入基準となるのは勤務時間と出勤日数だけで、賃金の金額は関係ありません。また、社会保険は強制加入(義務)ですので、加入基準を満たしている場合は、本人が「加入したくない」と言っても、加入させないといけません。

加入義務がある社員を加入させていないと、最高2年前までさかのぼって加入させられることがあります。つまり、会社は2年前までさかのぼって社会保険料を支払わされるということです。

ところで、社会保険の加入基準を低くして、社会保険の加入者を増やすことが予定されています

新入社員の加入日が適正か?

社会保険(健康保険と厚生年金)は、期間を定めないで雇用する場合は、入社したその日から加入しないといけません。

「入社しても直ぐに辞める社員がいるから、試用期間が終わってから社会保険に加入させる」と言う経営者もいらっしゃいますが、これは間違いです。試用期間中であっても加入しないといけません。

間違いがあると訂正させられて、適正な社会保険料が徴収されます。

新入社員の社会保険料が正しく決定されているか?

新入社員の社会保険料は、入社時に見込んだ賃金(残業手当等も含みます)を基準にして決定されますが、その入社時の見込額と実際の賃金が大きくかけ離れている場合は、入社時にさかのぼって訂正を求められます。

もし、例えば、残業手当を計算に入れていないことが分かったときは、なるべく早く訂正しましょう。実際の賃金が見込額より多くて、訂正の手続きが遅くなると、それだけ社員から徴収する金額が大きくなって大変になります。

月額変更(随時改定)の手続きが正しく行われているか?

次の両方の条件を満たすときは、月額変更(随時改定)の手続きをして、社会保険料を改定しないといけません。

  1. 基本給や通勤手当、家族手当といった固定的な賃金に変更があって
  2. 「変更前の等級」と「変更後の3ヶ月平均の等級」を比べて、2等級以上の差があるとき

この手続きの漏れがないよう、昇給の時だけではなく、通勤手当や家族手当等の変更があったときも、チェックすることが大事です。

手当、昼食、社宅補助などを正しく計上しているか?

特に、通勤手当は非課税ですので、社会保険料の計算に含めていないケースがあります。通勤手当も社会保険料の計算に加えないといけません。

傷病手当金や出産手当金の手続きが正しく行われているか?

傷病手当金出産手当金は、無給の期間中の賃金を補助するために支給されるものですので、賃金が支払われている場合は支給されません。また、賃金の一部が支払われている場合は、その分だけ減額されます。

賃金の支払いについて正しく届出がされていないと、傷病手当金・出産手当金の返還を求められます。

(2003/3作成)
(2014/5更新)