なるほど労働基準法 > 残業 > 36協定の限度時間

36協定の限度時間

労働基準法 第36条第2項

厚生労働大臣は、労働時間の延長を適正なものとするため、前項の協定で定める労働時間の延長の限度、当該労働時間の延長に係る割増賃金の率その他の必要な事項について、労働者の福祉、時間外労働の動向その他の事情を考慮して基準を定めることができる。

【36協定の限度時間】の解説です

36協定を締結して労働基準監督署に届出することによって、法定労働時間を超えて勤務させること、法定休日に勤務させることが可能になるのですが、超えて勤務させられる時間について、厚生労働大臣が限度基準を定めることになっています。

限度基準?

限度基準は、次のように定められています。

期間限度時間(時間)
一般(右以外)1年単位の変形労働時間制の場合
1週間1514
2週間2725
4週間4340
1ヶ月4542
2ヶ月8175
3ヶ月120110
1年360320

1年単位の変形労働時間制を採用している場合は時間が違うの?

はい。1年単位の変形労働時間制については、ある程度柔軟性を持って労働時間を決められることから、通常よりも短くなっています。

ふ〜ん。この時間内に残業を抑えなさいということね。

正確には1週40時間、1日8時間を超える残業時間を、この範囲内に抑えなさいということです。

単純な残業時間ではないっていうこと?

ええ。普通、残業時間って言うのは、会社で決めた所定労働時間を超えて勤務した時間のことですね。

そうだよ。

会社によっては所定労働時間が7時間だったり、8時間だったり、1週間の出勤日数も違いますよね。会社の所定労働時間を基準にすると意味がなくなってしまいます。

意味がなくなるというと?

そもそも、この限度基準は働き過ぎを防止して、社員の健康を守るためにできたものです。

分かるよ。

極端な話、パートタイマーだったら1日4時間とかもあります。この方の残業時間が1週20時間あったとしても、合計で週40時間ですから健康に悪影響を及ぼすことは考えにくいです。ですので、絶対的な時間として、1週40時間や1日8時間が決められています。

なるほど。協定するのも、1週40時間・1日8時間を超えて勤務する時間について協定するんだね。

はい。1週40時間・1日8時間を法定労働時間と言いまして、この法定労働時間を超えて勤務する時間について協定します。

そうなると、うちは7.5時間勤務だから残業時間としてはもう少し余裕があるということね。

そうなりますね。

どうやって計算したらいいの?

「1ヶ月(締め日)の暦日数×(40÷7)」(時間/月)が1週40時間労働としたときのギリギリの時間です。

31日の月だったら、177.1時間ね。

はい。1ヶ月の実際の総労働時間は分かりますね。所定労働時間と残業時間の合計です。これから177.1時間(31日の月)を引いた時間がどれくらいかということです。

その時間が35時間ぐらいだったら、じゃ、36協定に書くのは45時間でいいかな。

ええ。ある程度、余裕をみておくのがいいですね。休日労働も同じ考え方です。

え〜と。労働基準法では週1回は休日を与えることになってるね。

はい。その週1回の休日を法定休日と言います。例えば、土日休みの週休2日制の会社で、日曜日に休日を与えていたら、土曜日に出勤させても、労働基準法上は休日労働にはなりません。

じゃ、36協定で定めるのは、1週間休みなく出勤させる週の数でいいんだね。

そのとおりです。

じゃ、休日労働は最高で5日だ。

1ヶ月間休みなく働かせるのでしたら、そうなります。2日か3日でいいんじゃないですか。

残業手当の削減ノウハウ

残業手当の削減ノウハウを公開しています。
残業に関する知識を得て、取り組めば残業時間を削減できます。