なるほど労働基準法 > 災害補償 > 葬祭料

葬祭料

労働基準法 第80条

労働者が業務上死亡した場合においては、使用者は、葬祭を行う者に対して、平均賃金の60日分の葬祭料を支払わなければならない。

労働基準法 施行規則 第47条第2項

遺族補償及び葬祭料は、労働者の死亡後遺族補償及び葬祭料を受けるべき者が決定した日から7日以内にこれを行い又は支払わなければならない。

【葬祭料】の解説です

社員が仕事が原因で死亡したときは、会社は葬祭を行う人に対して、給料(正確には平均賃金)の60日分の葬祭料を支払わないといけません。

これは労災保険から出るんだよね。

はい。普通は労災保険から支給されますので、会社が直接負担することはありません。ただし、事故の発生が容易に予測できたケースでは、会社に労災保険から請求が回ってくることもあります。

それは気を付けないとね。