なるほど労働基準法 > 休憩と休日 > 休憩時間

休憩時間

労働基準法 第34条

使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

【休憩時間】の解説です

労働時間が6時間を超えるときは最低45分間、労働時間が8時間を超えるときは最低60分間の休憩時間を、労働時間の途中で与えないといけません。

労働時間の途中ってどういうこと?

例えば、始業時刻を9時、終業時刻を17時として、この間の休憩時間をなしにして、終業時刻後の17時から17時45分に休憩時間を与えるというように、労働時間の前後にくっ付けてはいけないということです。

それは休憩時間とは言わないね。ところで、8時間丁度のときはどうなるの?

8時間丁度のときは45分で構いません。超えるというのはその時間を含みません。

じゃ、うちは8時間勤務だから45分でいいのね。

8時間丁度のときは45分でいいんですけど、1分でも残業をさせたら15分の休憩時間を追加しないといけません。

あー。

実際に残業させるときに、「15分の休憩を取ってから仕事に取り掛かるように」と言っても、社員は休憩を取りたがらないと思います。

休憩するより、早く帰りたいと思うだろうね。

残業が済んだ後に休憩時間をくっ付けられませんし、もし、間に休憩を取らないと、労働基準法違反になってしまいます。ですから、所定労働時間の間に休憩時間を60分間確保しておくのが無難です。

だから、たいがいの会社の休憩時間は1時間になってるんだね。