なるほど労働基準法 > 解雇と退職 > 解雇予告が不要な社員

解雇予告が不要な社員

労働基準法 第21条

前条の規定は、左の各号の一に該当する労働者については適用しない。但し、第1号に該当する者が1箇月を超えて引き続き使用されるに至つた場合、第2号若しくは第3号に該当する者が所定の期間を超えて引き続き使用されるに至つた場合又は第4号に該当する者が14日を超えて引き続き使用されるに至つた場合においては、この限りでない。

  1. 日日雇い入れられる者
  2. 2箇月以内の期間を定めて使用される者
  3. 季節的業務に四箇月以内の期間を定めて使用される者
  4. 試の使用期間中の者

【解雇予告が不要な社員】の解説です

次の社員については解雇予告の手続きは不要です。

  1. 日雇い労働者
  2. 2ヶ月以内の期間を定めて雇用される者
  3. 季節的業務に4ヶ月以内の期間を定めて雇用される者
  4. 試用期間中の者

試用期間中なら解雇予告が要らないんだね。

いいえ。試用期間中でも採用して15日以上になったときは、解雇予告の手続きが必要です。それぞれの社員について、次に至ったときは解雇予告が必要になります。

  1. 1ヶ月を超えて雇用することになった場合
  2. 最初の期間を超えて契約を更新して場合
  3. 最初の期間を超えて契約を更新して場合
  4. 採用して15日以上が経過した場合

15日って言うのは出勤日のこと?

いえ。暦日、カレンダーの日数で計算します。4月1日に採用したら、4月14日までなら解雇予告はいりませんが、4月15日になると解雇予告が必要になります。