残業手当の計算例

トップページ残業の法律知識 > 残業手当の計算例

残業手当の計算例

例として、次のケースで残業手当を計算してみましょう。

  1. 賃金は全て月額で
    • 基本給:26万円
    • 通勤手当:8,000円
    • 家族手当:1万円
    • 調整給:2万円
  2. 1年間の所定休日数が108日
  3. 1日の所定労働時間が8時間

1ヶ月の所定労働時間の平均

「1ヶ月の所定労働時間の平均」
 =(365日−108日)×8時間÷12ヶ月
 =171.33時間 となります。

残業単価

賃金のうち、通勤手当と家族手当が除外賃金に該当するとします。残業手当の単価の計算に入れるのは、基本給の26万円と調整給の2万円になりますので、

「1時間当たりの通常の賃金」
 =(260,000+20,000)円/171.33時間
 =1,634.27円/時間になります。

したがって、残業手当(割増賃金)は、

  1. 時間外労働1時間につき、2,043円
    (=1,634.27円×125%=2,042.8円)
  2. 休日労働1時間につき、2,206円
    (=1,634.27円×135%=2,206.2円)
  3. 深夜労働1時間につき、409円
    (=1,634.27円×25%=408.5円)

となります。なお、1円未満の端数が出る場合は、1円単位に四捨五入します。

残業手当の割増率 -->|--> 法定労働時間と所定労働時間