トップページ残業を削減する方法 > ノー残業デーを実行する

ノー残業デーを実行する

ノー残業デーとは、特定の曜日を決めて、よほどの理由がない限り、その日は残業させないで、定時で業務を強制的に終わらせるという制度です。

「残業して片付ければいい」という意識があれば、定時に仕事を終わらせようとは思いません。残業を認めるケースを限定し、「残業は、臨時か緊急の時だけ例外的に行うもの」という残業の原則を植え付けます。

注意点としては、これ以外の曜日は残業をしても良いという雰囲気を作らないことです。

最初は週1日から始めて、社員の様子を見ながら、週2日へ日数を増やしていくことも効果的です。

また、ノー残業ウィークとして一定の週の残業を禁止する方法もあります。

残業を管理する -->|--> 代休制度を取り入れる