トップページ > 残業を削減する方法 > 代休制度を取り入れる

代休制度を取り入れる

代休制度とは、残業が一定時間以上(1日の所定労働時間)行われた場合、その時間に応じて代休を与えるという制度です。

代休については、注意点が2つあります。

1つ目は、0.25倍の残業手当が必要ということです。残業をさせると本来は1.25倍の残業手当が必要ですが、代休を与えることによって1.00分(1日分の賃金)が相殺されます。しかし、0.25分の支払義務は残っています。

また、厳密に言うと、賃金の締切日をまたいで次の期に代休を与えたときは、最初の期で1.25倍の残業手当を支払って、次の期で1.00分(1日分の賃金)を控除するのが正しい計算方法です。

2つ目は、結果的に代休を取らないで、ずっと溜め込んでしまう例が多いということです。この場合も、本来は、各期ごとに残業手当として賃金を清算しないといけません。

代休を溜め込んで消化されない上に、残業手当も支払っていないとなると、労働基準法違反となりますので、代休を消化できない職場では代休制度は廃止して、残業手当をキチンと支払うようにすべきです。

ノー残業デーを実行する -->|--> 5Sを徹底する