トップページ残業を削減する方法 > 社員を巻き込む

社員を巻き込む

上から「こうしろ!」と言っても社員はなかなか動きません。個々の社員の自発的な行動が伴わなければ、残業時間の削減は不可能です。

自発的な行動を促すためには本人に当事者意識を持ってもらうことが欠かせません。そのためには、社員を巻き込んで彼らの話を聞き、自主性を尊重する。権限委譲も必要となるでしょう。

また、労使で構成する残業時間削減委員会を作ってみるのも良いです。そこで残業時間の把握、残業時間削減の目標設定、具体策の検討、実施後の成果などについて話し合います。

時間を掛けて繰り返し話し合うことよって、残業は臨時か緊急の時だけ行うものといった考えを定着させていきます。

労働時間(残業時間)の把握 -->|--> 目標の設定