トップページ残業を削減する方法 > 労働時間(残業時間)の把握

労働時間(残業時間)の把握

まずは、労働時間(残業時間)がどれくらいなのか、実態を把握することから始めます。残業手当を削減する目標が必要ですし、残業手当をキチンと支払うためにも、労働時間(残業時間)を把握しないといけません。

そもそも会社には社員の労働時間を把握する義務があります。

労働時間(残業時間)の把握は、タイムカードで行うのが一番やりやすいと思います。タイムカードがない場合は、出勤簿で始業・終業時刻を記録してもらいます。

タイムカードでは、出社した時刻ではなく始業前に、退社した時刻ではなく終業後にタームカードを打刻するよう徹底して下さい。タイムカードを使用している場合は、タイムカードに基づいた残業手当の支払が命じられます。

業務が終わっているにもかかわらず社内に残っている社員にはタイムカードを打刻するよう指導して下さい。

労働時間(残業時間)の把握を行うだけで、ダラダラと居残っている残業はなくなるでしょう。意味もなく居残っている社員は帰してください。

|--> 社員を巻き込む