トップページ > 残業の法律知識 > 残業時間の切捨て

残業時間の切捨て

たとえ1分でも残業をすれば残業です。ですから、残業手当も残業時間に応じて支給しないといけません。

ただ、通達によって、1ヶ月の残業時間の合計に1時間未満の端数があったときは、30分未満を切捨て、30分以上を繰り上げて計算しても、労働基準法違反として取り扱わないことになっています。

この通達は、1ヶ月の合計の計算方法を示したもので、日々の残業時間については1分単位で計算することを前提としています。ですから、日々の残業時間をキリのいい時間に切り捨てることは認められません。

分単位で残業させると以上のような取扱いになってしまって面倒です。でも、本来残業というのは会社の命令によって行わせるものですから、その時々の状況に応じて「30分残業するように」とか「2時間残業するように」と時間を指定して残業をさせれば、1分単位で計算しなくてもよくなります。

このような取扱いをするときは、就業規則に残業をするときは会社の命令又は承認を得なければならないとして、運用もこれに沿って行うようにして下さい。

年俸制と残業手当 -->|--> 労働基準監督署への申告の増加