トップページ残業を削減する方法 > 賞与を減らす

賞与を減らす

残業させているのに残業手当を支払わないと労働基準法違反です。しかし、労働基準法では賞与の支払は義務付けられていません。つまり、賞与は支給しなくても労働基準法に違反しません。

賞与を支払っているのでしたら、それを残業手当の支払に回すべきです。

賞与と残業手当の金額にもよりますが、年間の賃金総額を変えないで、その配分を変更することで、労働基準法違反から免れることも可能です。

ただ、注意点が1つありまして、就業規則や雇用契約書で賞与の支給額を約束している場合は、決まった金額を支払う義務があります。

また、賞与を減らすと社員のモチベーションにも影響しますから、賞与支払の際は会社の業績や今後の見通し等ついてキチンと説明してあげて下さい。業績については、数字で示してあげると、より納得性も高まると思います。

新たな人材を採用する -->|--> 受注を断る