トップページ残業を削減する方法 > 新たな人材を採用する

新たな人材を採用する

ここまでの項目を全部検討してきても、まだ残業が発生する場合は、新たな人材の採用しかありません。

残業させた場合の人件費と、パートタイマー等の採用による人件費の負担を比較して、新規採用の方のコストが低ければ採用を行います。

正社員に支払う1.25倍の残業手当と、パートタイマーの時間給を比較したときに、パートタイマーのコストの方が高くなるケースは、余りないのではないでしょうか。

時期的に業務の繁閑が予測できるのであれば、期間を定めて雇用するのも方法です。

また、現状とのコストを比較した上で、業務の外注化やアウトソーシングも検討すべきでしょう。

裁量労働制の導入 -->|--> 賞与を減らす